むかつく事ばっかしの社会に負けずにもっと上を目指す向上委員会

(夏の)終わりのセラフ

f:id:ddictionary:20180909123404j:plain

 

今週のお題「わが家の防災対策」

いきなり重い話で申し訳ない。

数日前に怪物台風がきて、奈良を軽く撫でていったわけだけど、大量の雨を投下していった。

それがとんでもない横風で、屋根の下に移していたゴミ箱にも降り注いだ。

当然、ゴミ箱の中に大量の雨水が貯まり、移動させよと(ry

 

書いてて面白くなりそうにないので次。

テーマ終わり。気まぐれに登録するんじゃなかった酷い出オチだ。

 

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain


 

 

台風は突風という槍をばんばん投擲して大阪にガンガン突き刺さっていった。

ニュースになったのはもういいとして、そこそこ大きい木が根こそぎ倒されていた。

 

f:id:ddictionary:20180909125353j:plain

道によって倒れてる数が違うので、植えた時の技術かと思ったけど違う。

根が大地を掴めてないからだ。提供された土スペースが少なかったんだろう。

そして倒れた木は更に細かく切られて分解されて捨てられる。

倒れちゃダメだ。

しっかりと地に足をつけて生きていかないと突然強風に遭遇した時に倒されて切られて社会から不要なものとして処理されてしまう。

大黒柱は倒れちゃダメ。

いい教訓もらった。

一番の防災対策は地に足をつけてく事(もう飛べない

 

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain

時間は少し遡る

まだ地に足がついてない学生供が夏休みという怠け者と努力家のステータスを大きく引き離すエンペラータイムを過ごしてる時の話。

まだスーパーでバイトしていた。

しかし既に疲弊しており、次の契約更新を白紙で出すと決めた。

四か月だかか半年だか知らないけど、年に数回、契約更新の書類を書かなきゃならない。

それを白紙で出す。つまりもうヤメ! 限界! 倒れる!

いつしかバイト辞める日を、心の支えして何とかやってきた。

その辞めてやる空気を察したのか店長が新人を雇った。

この店長は俺がバイト始めてから後に異動してきたので、まだよく分からないけど、他のおばちゃんパートからすこぶる評判が悪い。

だが辞めるより先に新人を雇うあたり、デキる。

ありがたい。

聞けば学生アルバイトらしい。

学生なのに居酒屋や家庭教師じゃなくスーパーのレジでもなく品出しバイトをチョイスするあたり闇属性なのだろう。

しかし新しい風なのは間違いない。

 聞けば関西八強の中の一つに数えられる大学在住だった。

そんな賢い子が選んだバイトを選んで従事してる俺も賢いという図式が成り立つ。

教えた事をきっちりするマジメなタイプで非常に有難い。

俺の後継機として十分だ。

やめられちゃ困るので手取り足取り優しく教えてやる。

そこにパワハラ的な空気は皆無だ。パワハラというよりパラダイス。

そして私はまもなく天に召されます(バイト辞める)

が、一週間後。

またも新人の学生バイトを店長が雇った。

バカなのか。

スペアなんて必要ないのに。

俺が最後の仕事としてやめないよう役に立つようきっちり教育してるのに。

ダメだなこの店長。いまいち先が見えていない分かってない。

二人もいらねーんだよバックヤードは狭いし暑いのに、右も左も分かってないクソ学生が二人もウロチョロされちゃたまんねー。

どちらかを淘汰しなければなるまいて。

もちろん、もう教えて仕上がりかけてる初期ロットを残す。

悪いな二人目、俺あんまし優しくないぞ。

 

「初めまして! 宜しくお願いします!」

 

ぺこりと頭を下げる女学生。

 

女学生だと?

 

女子を入れたのか。

他の汚れたオッサンならともかく既に枯れてる俺にハニートラップは通用しない。

甘かったな店長。

女子なら喜ぶと思ったら大間違いだ。

そんな思惑を読み取るかのようにじっと見つめる澄んだ瞳。

穢れてない。綺麗な瞳。

少し痩せてるけど、健康的なのに色白で透き通るような肌。

マジか・・・絶滅してなかったのか。これが・・・聖女というやつk。。

どこか怯えた瞳で、それでもまっすぐに立ち向かうように視線を向けてくる。

やめてくれ死にそうだ分かったちゃんと教えるから!

ちょうど朝礼的なものが始まる時間。

この時間は朝礼だから着いてくるように指示して朝礼へ(午後だけど)

店長と数人のパートが並ぶ中、店長の「こんにちは」という気だるい、そして朝礼の始まりも兼ねた挨拶。

「こんちには」 

 並ぶパートも店長に負けないぐらいの気だるさでおざなりの挨拶を返す。

その儀式にワンテンポ遅れて、

「こんにちわ!」

と、大きく澄んだ声で一人だけ斜め45度できっちり挨拶する女学生。

居並ぶパート連中が何コイツという驚きの視線を浴びせる。

それに屈せずものともしない堂々たる態度。

おいおい聖女かよ。これが聖女か。

「こんにちは」じゃなく「こんにちわ」との挨拶に現代っ子な匂いがするが、初期ロットも場に合わせて気だるい挨拶だったのに、たった一言の挨拶で場の空気を変えやがった。

HPが回復するだけじゃなく、この夏で減っていたMAX・HPすらも回復して上がってく!

これが聖女の力・・・なのか!

「新しく雇った学生さんだ。仲良く頼むわ」

チラっと俺にアイコンタクトを飛ばしつつ、なぜかドヤ顔で店長が紹介する。

OK店長。GJ店長。

分かってる。伝わってる。

バイトの契約更新したらいいんだろ。

OKOK。

すぐにでも契約継続にサインさせて貰うよ。

こんな聖女の働く職場を辞めるなんて選択肢はねーよ。

ここまで有能な店長とは知らなかったんだすまないすまない。

流石は店長になるだけはある。いい人選してんぜ店長!

新しい風どころか、突風過ぎて他のパートおばさん連中をなぎ倒しかねないけど、大丈夫、俺は倒れない。HPの上限値も回復してきてる。まだまだやれる!

 

まずはドリンクの品出しを教えよう。

重いからカート使って少しづつゆっくりでいいからね腰痛めてやめるパターン多いから無理しないで。

ドリンクは発注具合で置き場所を広げたり縮めたり自分で考えてしたらいいけど、こーゆーのはダメですよ隣のドリンクの置き場所が無くなるぐらいに広げたらダメ。

 

「こんだけ広げたら、今日入ったカロリーゼロ飲料の置く場所もカロリーゼロだw」

 

「・・・? あ、はい」

 

・・・殺してくれ。。

聖女様になんつー闇のブレスを吐きかけてしまったんだ!

闇属性のくせに光属性みたいな真似事するなんて死ぬ気か!

ドリンクの置き場がゼロじゃなくて俺の居場所がゼロだったんだ!

だがそれでも経験値だけは聖女のそれを上回る。

何事もなかったかのように続行するぐらいは可能だ。

以後、ダジャレ禁止。

バイト中のダジャレ禁止を十戒の一番目にもってこよう。

 

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain

学生バイトは幸いにして二人とも真面目で助かる。

真面目な人間は嫌いじゃないというか好き。

そして八月も終わろうかという頃、聖女様が明日から労働時間が変わるという。

俺とは入れ違いの時間らしい。。

あっそ。(ガン!

ふーん。(ドキャ!

まあノーダメージだけどね。

色が赤くなったけど死にかかってるからじゃないノーダメージだし。

 

こうして僕の夏は終わった。

短けぇ夏だったなぁ。

てか大学生なら今の時間でもいけるんじゃないのか

「いえ、高校生です」

「え」

「高校一年です」

子供じゃねーか。

どうりで穢れてないし聖女かと勘違いしてしまうわけだ騙された。

なんだこのガッカリ感。この感情はどこから湧いてくるんだ意味が分からない。

 

パートのオバサンというにはまだ若い30代の人が、鈍くさいながらも長く勤めていて、他の人にどこか馬鹿にされながら、それを本人も自覚しながら着実に、業務をこなしていて、そしてニコニコと、俺みたく新人に毛が生えた程度のクソ後輩にも敬語で丁寧に応対してくれる人がいる。

きっといいように使われて搾取されて蹂躙されてるだろうに、帰りがけに仕事を投げられて一人だけ残業させられても文句言わずニコニコと遅いながらもこなしていく。その背中を見てたら何故だか悲の感情が高まってくる。

きっといい嫁さんになるのに、フルで働いてるし、独身なんだろう。

もったいない。

こういう人が本当の聖女かもしれない。

 

だけど、社会に搾取されて蹂躙されるのはもう嫌だ何とかしないと!

と、思いながら足掻いてる平成最後の夏の終わり

 

サマーエンド

記事はもうちょい続く

 

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain

 

バイトじゃなく本業の方で関西空港に餃子の美味い店に行くというプランが立った。

それはすなわち命令。

行かないという選択肢はない。

だがしかし、その前日に怪物台風が関空を蹂躙していた。

行けないという声のある中、いけるとこまで行けと言われる。

やはり連絡橋が封鎖されており関空島まで通行できない。

仕方なく草履に履き替えて水遁の術で渡るも、そこで半数がリタイア。

忍びとしての修行が足りない。

耐え忍ぶという事を毎日課せられてる上忍ならば簡単なのに。

俺ぐらいになると毎日薄氷の上を渡るような生活をして鍛えてるから尚更に余裕。

だがしかし流石は世界的人気店。

凄い行列でとても並べそうにない。

f:id:ddictionary:20180909132341j:plain

 

迂闊に横入りすると日本じゃないどこか別の国の風習と常識に則ってリンチされそうだ。凄い殺気立ってるし。

仕方なく大阪市内の餃子の王将にした。大阪市内だけど京都王将

やっぱ美味しいのは京都だな!

 

大阪王将も好きだけど京都王将のが元祖的な強さがある気がする 

 

暑中お見舞い申し上げ上げ

8月に入り各地で猛暑に襲われています。

もう灼熱。

パチンコ台ならば、ゼブラ柄の綾波背景が流れて前田慶次キセルをカーンと叩くぐらいに熱い(でも外れる

もっとも、インドは50度超えたりしてるらしく、インド人もビックリ!

それに比べたらマシかもしれないけど、この国は湿度が高く不快指数パねぇ。

とっても不快な世の中で一生懸命生きてます。

さすがに夏バテしてるので、人生というペダルを漕ぐの休んで惰性で進めたりしてしまったり。

ずっと漕いでたから暫くは惰性で進むはずだけど、なんせ坂道ばっかしの人生で、まだ超えなきゃならない山(子供の大学進学)が3つも残ってるから、またすぐに漕がなきゃいけないんだけど。

子供が全員就職したら、平らな道を楽に走れるはず。

そんな真夏の人生山岳地帯バイト生活の話。

もちろん本業もしてるけど、それだけじゃ色んなものに追い付かれてしまうバイトして少しでも加速してブーストして生き急がないと。

そんでスーパーでバイトしてる略してスーパーバイト。

主にドリンクをメインに品出しをしてる。

そしてこの狂った暑さのせいでドリンクの補充がとんでも状態。

あまりに忙しいので他部署から品出しの応援にくるぐらいに。

その応援部隊の一人に老齢のいかにも日本のおかあちゃんという感じなのにパート界の頂点に君臨するおばあさんがいる。以後、女帝と呼称します。

最初はいろいろと用事をいいつけてくるので煩わしいだけの存在だったけど、今はもう攻略した。

「もんてんくぅん」と小さい「ぅ」を挟んで呼んでくる。とても暑苦しい。

20代までしか使ってはいけないワード集に付け加えなけらばならない事項だ。

品出しの応援できてる時などは逆に教える立場なので、「先生が教えてあげますよ」「お願いします先生!」と今では先生と呼ばれている。もはや完全攻略。

「先生、この台車がうまく片付けられないんやけどどうしたらええの?」

「ああ、これはコツがいるんですよ先生もコツを掴むのに5年かかったし」

「あんたまだ1年もいてないやろ」

想定通りで何の捻りもないけど還暦を超えてるしナイスつっこみ。

話す価値のある相手。

先生はいい生徒に恵まれて嬉しいよ。

だけど世界はそんな優しくなくて、あまり話す価値のないというか相性の悪い相手だって数多くいる。

それが客だったりするから困る。

それでなくても忙しい中、手を止めて愛想よく接客するという、心と肉体が逆車線を走る危険な運転を強いられてしまう。

この手の突発イベントはいかに早く終わらせるかが腕の見せ所である。

「珈琲どこや?」

漠然とした質問。目の前に缶のもペットボトルの珈琲あるだろう。

さては豆とかインスタントの粉を探してるのか明らかにココじゃない。

「コーヒーの豆はあちらになります」

「豆ちゃうわ。ペットボトルのやつや」

目の前にあるだろーが。体感温度1度上昇。この時点で35度。

「こちらになりますね」

「無糖ばっかしやろ。微糖が欲しいんや。甘すぎるのも体に悪いさかいに」

なるほど。

微糖だけ品切れ。

てか健康を気にするなら無糖にしとけ。つか、お茶を飲め。

「すいません微糖は品切れですので無糖がお勧めです」

「無糖は甘くないから嫌なんじゃ」

「ではこちらのレギュラーで」

「だから、甘過ぎたら体に悪いって言うたやろ! 甘さ控えめや!」

体感温度2度上昇。体温突破。

「それならこちらのメーカーの微糖をどうぞどうぞ」

「そっちは高いやんけ。同じ値段にしてくれるんけ」

するわけねだろアホか10円ぐらいし変わらねーしどこかで妥協するしかねだろ世の中何でも思い通りにはいかねーんだよ微糖なの世の中も微糖なんだよ甘さ控えめな世界で生きてるんだろ俺なんて限りなく無糖だぞ希望のが無ければ諦めるか金という代償を上乗せして払え!

まあ生まれた瞬間から恵まれた環境で甘い人生送ってたら蟻よろしく虫けらみたいな奴がたかってきそう。

そいつらを踏みつぶしていけるならいいんだろけど。

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain

女帝を攻略してもあまりメリットがない。

本命は総菜屋さんだ。

バイト終了時に割引シールを貼る総菜屋さんに食い込むべきだと気が付いた。

うまく仲良くなれば晩御飯を安く調達できる。

しかし 彼女達は常に三人一組のスリーマンセルで動いている。

しがない品出しのおじさんでは接敵する機会がほぼない上にチームにアタックするなど難易度が高すぎる。

どうしたものかと常に機会を窺っていた。

そして時がきた。チャンスが巡ってきた。

千載一遇。好機到来。虎視眈々にして一期一会が巡ってきた。

ドリンクを台車に積んで大量に運びながら、バックヤードに入るのはなかなかに面倒。

そこに観音開きの両開きドアをクリアしなくてはいけないのだけど、ドリンクを大量に積んだ台車は一度止まると再起動するにエネルギーを大量に消費する。

しかもドア付近は滑り止めの絨毯が敷き詰められているので、台車をストップさせるとギア3を発動しないと動かなくなる。

なので、止めずに素早くドアを開けてノンストップで格納してるわけだが、そこに総菜屋チームがいた。

ほんのちょっぴりでも手伝ってくれたら礼を言いつつ食い込むキッカケになる。

少し台車をチームエンジェル達に寄せてみるか。

台車は斜行してるとはいえ、「ゆっくり」と前進を続けているだけなのに、「キャー」「こわ!」などと女子高生のような悲鳴を無駄に上げるオバサン達。

手伝うどころか品出し風情がチームエンジェルに台車をぶつけたら承知しないよとバカにした空気が悲鳴の響きに乗って伝わってくる。

うるせー。黄色じゃなくブラウンの悲鳴なんて聞きたくない。

それでなくとも連日の猛暑で常に名札に刻まれてる名前が赤く表示されてんだよHPが1桁しか残ってないのに更に削りやがって殺し屋かお前らは殺し屋マーカス兄弟か!

てか最近はぐっすり寝てもHPがMAXまで回復しないというか、MAXHP自体が低下してる気がする。

ともかく総菜屋スリーマンセルのおかげでイラっときた。

テメーみたく太ってるなら台車に当たってもノーダメージだろ台車が吹っ飛ぶわ、ごっつあんです!

これが同じ品出し所属のクノ一さんなら、さっと台車を掴んで手伝ってくれるのに。

おかげで絨毯上でストップしてしまったテメーらは総菜じゃなく自分のオデコに半額シール貼っとけや!

それでも買わないけどね!

だってもう賞味期限も消費期限も数十年前に切れてるし!

同じオバサンでもクノ一さんのが価値が高価過ぎる文句も不平も言わずに常に助けてくれる。

絨毯上からの再起動でギア3使った。体感温度が5度は上がった40度超えただろーがムカつくムカつく悲鳴上げてる暇あるなら普通によけろや常に相手が止まってくれるほど世の中甘くねんだよ微糖なんだよ。

と言いつつ台車を止めてしまうあたり、当サイト管理人も甘い。

蟻が寄ってきそうだ。

踏みつぶすと汚れるから殺虫剤を噴射しとこ。

当サイト管理人からはフェロモンじゃなく死の匂いがします。

 

 

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain

ある時に社内教育ビデオを見る機会があった。

社員の質を高める為に定期的あるらしい。

一日中働いてる社員ならともかく時短で働いてるパートにとって時間の無駄以外何でもない。

さっさとドリンクを補充しないと定時に終わらない。

レジやその他の部門のオバサン達と視聴するわけだけど、オバサンの提案で3倍速で見る事にした。

はっきしいって内容が全然入ってこない。

いいけどね。高い理想を掲げてみたところで実行できないんだし。

 「見終わったけど、店長に感想聞かれたら答えられへんやん。どうするん」

なぜか当サイト管理人を責めるように、3倍速の責任をキラーパスしてきた。

いや、3倍速にしたのテメーだろ。責任転嫁するの早すぎるだろ普段着は赤く染めてるんですかニュータイプなんですか!

「ビデオの店員さんはテキパキ動いてましとでも言えば「そこかい!」

言い終わる前にオバサンが食い気味にツッコんできた。はえーよ。

お前は赤い彗星か常人の3倍の速さで動いてるのか。

てか「そこ」ってどこだよ。

 「ビデオの店員さんはテキパキ動いてましたとでも言えばいいじゃないですか。三倍速なだけに!」

ここまで聞いて面白いのに人のポケットジョークを叩き潰しにきてんじゃねーよポケットの中のビスケットを増やしたいのか俺のポッケにはビスケットなんか入ってない蟻が寄ってきたら嫌だから。

俺の俺の俺の話を(最後まで)聞け。五分もいらない五秒でいいんだ。でも貸した金は返せお願いします。

あーあー損したな我ながら及第点のポケットジョークだったのに聞きそびれたぞ俺のスペックを生かしきれてねー。俺の性能を生かしきれるのは同僚の中の2人と得意先の2人だけだ何故に皆はこう生き急いでるんだろう相手の話を最後まで聞かない人ばっかしなんだろうか。

f:id:ddictionary:20180812165113j:plain

 

地震からの大雨、逆回り台風のコンボで家がダメージを受けた。

地震の時もミシミシ泣いてたからヤバいなぁと思ってたけど、雨が横殴りで、言わばストレートじゃなくフックを打ちまくってきた。

家がフックの雨あられで雨漏り発生。

5分で丼がいっぱいになるので不眠不休でとりかえてた。

何杯おかわりしたら気が済むんだよワンコそばですか既にキャンキャン悲鳴を上げてんだから終わりにして!

はい分かりました。

今回のお話はコレで終わりにしますまた来月!

 

 

夏一番でGoogleギフトに当選した

地震、台風、大雨のコンボで被害が拡大してる中、リアル知り合いでは幸い誰一人たいして被災してない。奈良だし。

でもネットだけの知り合いはどうか分からないネット界引きこもりで自分のサイトから出ないので情報がない。

便りがないのが無事の知らせだという頼りない故事に身を委ねて粛々と毎日のルーティーンをこなしてく中、ノートパソコンがひっそりと死んだ。

ドラクエ10を抱えたまま、正常に動かなくなった。

そのうち余裕できたら少し復帰しようかと思ってたけど仕方ない。

プレイヤーがいまいちうまくなくて他のキャラより傷ついてたし、すまないねーもうゆっくり寝てくれ。

サービス停止する時に無料アカウントで覗きにいければいいや。

 

んで新しいノーパソを新しいというか中古のリフレッシュパソコンだけど、まだ3年前のモデルなのでサクサク動く余計なアプリは一切なくCPUもRAMもROMも旧ノーパソとは比べ物にならない性能。

立ち上がりが早い。

旧ノーパソだと立ち上がりは電源つけてタバコ吸いにいってる間に動けばいいぐらいだったけど、今のノーパソは「投球練習は5球でいいっす」みたくすぐに立ち上がり早い。

ウキウキで新パソコン使ってたら突然幸運が舞い降りてきた。

ハッピー。

ラッキー。

どう表現すべきか分からないけれど、Googlechromeというサーフボードでネットしていると急に現れた。

 

 

f:id:ddictionary:20180714113835j:plain

 

Googlechromeユーザーしか当たらないという幻の演出。

毎週、土曜と水曜にだけ起きる10の奇跡。

選ばれし10人はいくつかの選択肢から貰えるプレゼントを選べるという憎い演出。

しかも30秒以内に選ばないと権利が他者に移ってしまう時限イベント。

パニックで理解が追い付かない中、ipadだ後はよく分からないが間もなく父親の誕生日だし壊れかけの中華タブレットを毎回初期化してる父にipadを贈ろうと5秒で決めた。

うし。

まだ25秒も余裕がある。いける。

 

Googlechrome当選 何を選ぶべきか」

 

10秒だ10秒で検索して5秒で結論出せば十分に間に合う十秒余しで間に合う。

 

検索したらネガティブな記事が羅列されていた。

もしかして詐欺なのか・・・・。

 

f:id:ddictionary:20180714114050j:plain

 

当選ページのコメント見ても感謝しかない。

これは詐欺かと思わせて時間切れを誘い権利を奪うトラップなのかも知れない。

ネットの世界の半分は妬み嫉みすなわち嫉妬で精製されてる。

残り半分は(偽りの)優しさで出来てる。

わずかに残った20%だけが真実を語ってる。

まんまと時間を奪われ、カウンターは赤字で0表示。

活動限界です。

が、

まだ権利が継続している!

ありえない!

まさか、暴走!

まあ、パターン青、詐欺エルなんですけどね。

危うく騙されそうになった。

エロサイトを巡回してるなら危機レベル5で精神を研ぎ澄ませてるから大丈夫なんだけど、普通に価格コムでウインドーショッピングしてた。

ええなぁ最新の高級家電は機能が凄ぇなどと平和ボケした、完全に精神が弛緩した状態での奇襲。

羽の無い扇風機の謎に迫っていたところなのに羽も翼も無くした状態で風を起こして飛べるのか参考にしようとしてた。

 

この詐欺はどうやらクレジットカード番号などを記入させるのが狙いらしい。

流石にその段階まで進めば怪しいとは思うけど、いくつかの問題に答えないとプレゼントが貰えないという何かしら挑戦者魂を揺さぶるやり口で、真面目に一問目を答えてしまった。

二問目で難易度が上がったのでやめたので個人情報は渡してない。

まだ新しい詐欺で、いつかアナタのPCにも現れるでしょう。

その時のヒントです。

(一問目の回答はビルゲイツ

ああそっか。新ノーパソに何もセキュリティーソフトをインストしてなかった。

それでなのかもしれない。

ちょいいろいろ調べてインストしてくる。

というわけで今回も生存報告でした!

 

地震とか諸々で心揺れた出来事などなど

2018年6月18日

07時58分(日本時間)

その日は休みで、まだベッドの上。

といってもそんなに寝れるわけでもなく、まどろむろいう贅沢な時間を過ごしていた。

ギシ・・ギシ・・・

「!」

ギシギシギシギシギシ!

おいぃぃ! まてまて下着しか装備してnギシギシギシギシギシ!

やばいやばいやばい家のローンがまだまだ残ってるのに壊れる人生設計とかいろいろ壊れる!

軋むベッドの上でもちよる優しさもなくHARD(きつい)現実を抱きしめ合って、それから目を閉じてる場合でもなく初撃が通り過ぎてから階段を駆け下りて家族の安否確認。

少し遅れて大学生の長男がパンツとシャツだけで起きてきた。

おま俺

とにかく服を着ろ家の中は危険かもしれないと下着のまま指導する。

嫁の姿が見えない。

もしや一人だけ逃亡しやがったのかと思ったら洗濯物を干してた。

凄まじくいつもの平凡な世界。

「何してんだ?」

「今、凄い揺れたよな!」

「いや、何してんだ?」

「見たらわかるやろ」

分かるけど、いまいち分からない。まあいいけど無事みたいだし。

高校生だけど中二な長女が今にも家を出るところだったらしく、玄関で固まっていた。

現在なろう小説に投稿してる作品がブクマ500を超えて絶好調な長女。

「あー、コレは魔王が復活したかも・・・」

 

何言ってんだコイツ? 

相手してほしいのか?

構ってちゃんか?

何て返してほしいんだ?

親として話に乗った方がいいのk

 

「・・・じゃあ討伐隊に召集されるかもな」

「せやな」

「物置のエクスカリバーの手入れした方がいいか?」

「せやな」

 

せやなじゃねー

二度もツッコむチャンスを与えたのに適当ぶっこいて返してんじゃねー

エクスカリバーなんてどこにあんだよ心か心の中の鞘に収めてんのか

いや日本刀じゃないから鞘なんてない抜き身だ

 

変なテンションのまま学校に向かうが当たり前のように電車が止まっていて、次男もろともすぐに帰宅してきた。

小学生の次女だけが学校でお勉強。

会社から電話があったが大事な用事(内緒でしてるバイト)があるので緊急出勤はスルーした渋滞してる目に見えてるのに奈良県から大阪になんか行けるか。

こんな感じで大事に至らずにその日はいつもの日常を過ごして終わり。

幸いな事に討伐隊に編入されなかったので家で過ごした。

 

6月某日

待ちに待った約束の日。

長男が二十歳の誕生日を迎えたので嫁と三人で居酒屋にいってきた。

言うならば20年寝かせたワインを飲むようなもの。

それはもう絶品のワインになってるはず。

一口に20年といっても、生まれた子が二十歳になるぐらいに長い年月を寝かせたワインだんだから。

もっとも、飲んだのは生ビールとチュウハイとハイボールだけど。

さらに言うと、父親は生ビール一杯しか飲んでない。

長男はいろいろと4杯飲んだのに全然普通だった。

父親が一杯で真っ赤な顔に、赤鬼みたくなってるのに。

f:id:ddictionary:20180618214353p:plain

なかなかに飲める体質らしい。

それがいい事なのかどうなのか分からないけれど、羨ましくはある。

帰りも平気で自転車を漕いで先行して一人で帰っていった。

嫁も酒豪なのだけど、この日は飲みすぎたようで挙動が怪しいので仕方なく殿を務めてノロノロと帰る羽目になった。

だから外では飲みすぎるなと。

f:id:ddictionary:20180618214827j:plain

帰る前に何十年ぶりかになるスリーショットを撮ってみた。

この幸せ味の酒が二年後と三年後と十年後にも飲める。

あと三回も飲める。

三回目はもう死んでるかも知れないけれど。

というか目が死んでる。飲みすぎて死にかけてる。

一杯だけなのにいっぱいいっぱいです下戸ですいません。

幸せなんて縁遠いと思ってたけど、こんな近くにあったんだなーとか。

無様にも思ったりして。

あんなに卑下して否定してた平凡でちっぽけな幸せでも満たされるものなのでした。

 

6月某々日

潮干狩りにいってきた。

それはもう、絶好調に干潮日だった。

以前にいった時はバカ貝が大量発生してて、掘ってもホってもバカ貝祭り。

バカなんじゃないかと思えるくらいにバカ貝ばかり取れた。

しかしこの日はバカ貝も学習して賢くなったらしく見当たらない。

ちゃんとアサリばかり取れた。

干潮時間は短くて、子供をそっちのけで必死にしてたら周囲が海に飲まれ始めていて死にかけた危ない危ない自分が泳げないのを忘れていた溺れるとこだった(人生の荒波に

f:id:ddictionary:20180618220257j:plain

帰宅中の道の駅に温泉が併設されていたので寄る事にする。

海は砂でジャリジャリするから嫌いだ泳げないし嫌いだ山の方が好き。

ジャリジャリを落として帰りたいので寄る。

ジャリジャリだけ落とすつもりが御当地グルメなどで必要以上にお金も落としてしまった。

潮干りなんだから財布を貝にしなきゃいけないのについつい財布の紐と気が緩んでしまった。

f:id:ddictionary:20180618220949j:plain

写真ではしょぼい感じだけど、実物も外観はしょぼい。

中身も大風呂と水風呂しかないショボイ。

露天風呂があったので合計3つか。

しかし水着を着用すると屋上の混浴風呂に入れる。

残念だ。

水着なんか持ってきてない。

仕方なく露天風呂に入ってると、竹を模したプラッチック製の塀に穴が空いていた。

何この穴。

凄い気になる。

方角的に駐車場が見えるだけだと思うけど気になる。

ダメだ何かしらの魔法にかかったみたく確認しなければならないという使命感に駆られる。

ジジイ供、早く上がれや!

何を長風呂してやがんだカラスを見習え早く俺を一人にしてくれアホー!

3秒だ3秒でいい。

穴から覗いて目の照準(ピント)が合う3秒だけでいいんだ。

3秒だけ俺にくれ!

流石に人目がある場所で穴を覗きながらシリのアナを人様に向けるというマヌケーな痴態は晒したくない。

もしかしたらドッキリTVかもしれない今風に言うとモニタリングというヤラセだろソレはなTVのしかけたトラップかもしれない。

分かってる。

そういうリスクは百も承知だ。

だがそこにロマンが見え隠れしてるんだ。

冒険せずにいられようか。

そしてジリジリとチャンスを待っていると、その時がきた。

のぼせた。

かなりのぼせた。

命の危機。

つまりもう何もかもがどうでもいい状態。

生まれて三度目の水風呂に入り撤退する。

今でも気になってる情報求む!

f:id:ddictionary:20180618222556j:plain

帰ってムニエルにしてみた。

アサリが暑くてのぼせて口を開く様がまるで人事に思えない。

あの時も口を開けて水風呂に入ってた気がする。

というわけでスタッフに上げずに家族だけで美味しく頂きました。

 

オワリ

 

今回の記事のカギはスペアキーが存在しない唯一無二のもの

 

 

第一部

 

 

早くも一年の半分たる6月が断りも無く始まろうとしている。

6月といえば大阪三大夏祭りの一つで夏祭りの始まりを告げる愛染祭りの月でもあるのだけど、今年から無いらしい。

夏を告げないらしい。

ありがたい大阪の地獄の夏がこないなんてありがたい。

ずっと春(頭が

 

近年、若者のマナーが悪いせいで【愛染祭り=怖い】というイメージになってしまい、中止になったそうな。

一部のクズのせいで大勢が迷惑する典型的なパターン。

 

そんな夏がこない国から夏が終わった話でもしていきましょうか。

しまったネタバレしたかも。

大丈夫気づいてない大丈夫。

 

かつて娘と戦争をしていた。

経験と技で圧倒していたが最新技術の前に戦況は膠着状態だった。

mottoue.hatenadiary.jp

 

某小説サイトに娘が投稿していたので対抗して投稿した。

そしてくるオンライン小説コンテスト開催のお知らせ。

未完でも応募OKな上に小説の感想までくれるというので二人して応募した。

娘のはすぐに感想がついて、テンプレ通りな、ここはいいですねココは弱いですね的な、他の応募作見ても同じような感想ばかりついてた。

だが当サイト管理人の作品にはなかなか感想がつかない。

さもありなん。

大賞クラスの作品にはそうそう感想なんて書けない。

バレるじゃん。この作品が大賞候補だって。

「そんなわけあるか!」

娘は憤慨していたが、社会のシステムを既に知っていれば分かる。

 

そして月日は流れ数ヶ月、まずは一次選考の結果が発表された。

感想は未だについていない。さもありなん。

第一次選考は200人ぐらい残る。

ぶっちゃけ第一次選考程度は突破しないと、話にならない。小説だし尚更。

しかし娘が浮かない顔をしている。

浮かないというより沈んでる。

一次選考を突破できなかったらしい。

撃沈したらしい。

可哀想に。

まだまだ若いんだし、経験を積んでから出直せばいい。

「父さんかって通ってないんやろ!」

やれやれ。

自分がダメだったから人を祝福できないとか、そんなんだから不合格なんだぞ。

ノーパソを開いてマイページを見せてやる。

第一次選考突破200人の名前と作品が羅列されてるので、スクロールして見せてやる事にする。

なぜだか途中でスクロールできなくなる。

あれおかしいなまだ名前出てきてないのにスクロールできなくなってる。

201位かな201位だったのかな!?

「やっぱり父さんも不合格やんかーw」

娘がやや元気を取り戻した。

その為に「わざと」不合格になったのも知らないで無邪気なものだ。

てか選考メンバーの頭と見る目がおかしいんじゃないのか未読かな?まだ読まれてないのかな感想もついてないし。

そう思ってたらひっそりと感想ついてた。

 

件名:一言

感想「話が最初から意味わからない

 

 

は?

何この小学生が論語を読んだみたいな稚拙な感想?

これ本当に運営が書いたのか?

こんなの感想じゃなく単なるダメ出しじゃんいらないこんな感想はいらない。 

 こうして僕の夏は終わった。筆を折る事にした。

宝くじが当たって毎日が暇なら再開しよ。

 今は無駄な事に割いてるリソースはない。

 

第二部

 忙しい合間を縫って家でくつろいでたら携帯が鳴った。

忙しい合間を縫ってくつろぐという難易度の高いアタックをしている最中に携帯とか空気の読めないやつめ!

嫁からだった。

空気嫁(3点

自転車のカギを無くして帰れないというSOSだった。

カギが無ければ歩いて帰ればいいじゃないとアントワネットの故事を教えてあげるも、通用しない。

まあいい。

久しぶりにアレをあるのも悪くない。

鍵開けのオスカルと言われた腕前を披露するとしよう。

リング式のカギは折畳み傘のプッシュ部位で簡単に開く。

当サイト管理人ぐらいになるとピンセットでも開く。

 


チャリ鍵の開け方

 

こんな感じに簡単に開けれる。

 

一応工具セットもって現場に急行すると嫁が元気良く手を振って合図を送ってる。

やめろよあまり目立たないように作業したいのに泥棒と思われるだろーが。

まあ、3秒だ。

3秒で作業が完了するので、怪しまれる暇を与えない。

サクっと終わらせて、最近嵌ってる東京喰種の続きでもみよ。

娘に薦められて見始めたけど、誰に共感していいか分からないまま、やたら珈琲が飲みたくなるアニメ。

2秒かな早く見たいから2秒で済ませよう。

 

f:id:ddictionary:20180527210925j:plain 

 

差込式じゃなく錠前式!

 

「」

 

二年前

自転車を買う時に差込式だと簡単に盗まれるから錠前式に付け替えたんだった。

流石は俺、セキュリティー意識は申し分ない守備は抜群だ星座で言えばアンドロメダ翼で言えば若林。

味方なら頼もしいが敵に回すと鍵が回せなくなるぐらいに厄介だなんて!

壊すしかない!

もうコレ破壊するしかない!

絶対に怪しい人になるけど作戦名ガンガンいこうぜで壊すしかない!

てかどこで鍵を落としたんだよ!

よく探したのか!

「ここに自転車を止めて、そこの整骨院に入って、帰ろうとしたら無かった」

そこの店って20Mも離れてないじゃないか。

そんな零距離で無くすものなのか近すぎて逆に無くしてしまうとかドラマなのか。

3往復ぐらいしつつ探したけど、確かにない。

整骨院に聞いてもないという。

おかしい。

この謎を解くカギは嫁が握っているに違いない。

「カバンとか財布とか見てみろ」

「何回も見たって。家のカギしかないねんて!」

家のカギ・・・?

いや俺が家にいるのに家のカギ?

「その家のカギを見せてみろ」

あんまり見た事のない家のカギだった恋人の家のカギなのだろうか。

とても禍々しい形に見える。

試しに自転車のカギにはめてみる。

 

ガチャ!

 

「なんで家のカギで開くん!」

「」

「どうやったん?!」

「帰る」

自転車のカギは開いたけど心の鍵が今閉じた。

嫁は整骨院いって調子いいのかもしれないけど俺は骨折り損だった整骨院じゃ直せない心療内科じゃないと治せない(嫁の頭が

 

そして帰宅して東京喰種を見ようとしたら携帯が鳴った。

せっかくようやくゆっくりしよとしたのに空気嫁

自転車が動かないらしい。

そんなバカな。

ペダルを漕がないと動かない旨を説明するも、そうじゃないらしい。

仕方なく急行したらチェーンが外れてた。

いやチェーンぐらい自分で対処してくれよ。

チェーンなんか嵌めて回すだけじゃないか。

悪徳パチンコ店がいつもしてるやつじゃん。

何回まわせばいいのかな店長さん電源入ってる?

しかしまあチェーンが確かに伸びてる。

走ってるとガシャガシャいうぐらいに。

やった事ないけどチェーンの交換してみるか。

アマゾンでチェーンカッターを買おうとしたら、皆さんはこれも一緒に買ってますよとアマゾンの中の人がやたら薦めてくるのでチェーンも買った。

チェーン買ったら、皆はこっちのチェーンも買ってるよと薦めてきたアホなのかチェーンなんか複数買うのはスケ番ぐらいなものだぞ。

そいや昔のスケ番はやたらとマスクしてるイメージあったけど、今はマスクしてる人だらけだあいつら時代の先をいってたんだな。てっきり口裂け女の遠戚だと思ってた。

届いてからさっそく切断してつけようと徒手空拳で挑んだら難しい。

思ってたより難しいのでサイトを巡って知識を得てから再挑戦。

ちゃんと切断してちょうどいい長さで繋げた。

だがしかし自転車を無視して手元で作業してた。

どうやって自転車に嵌めるんだコレ?

ああああああ! 面倒くさ!

まーた切断して、自転車にちゃんと巻いてから繋げないとダメなのか!

記事書くのも面倒になってきた。

 ちゃんと手順通りにやり直したら、懸念通りに短くなりすぎてチェーンが嵌らない。

帯に短したすきに流しというか水に流してほしい。

チェーンを振り回して暴れたい衝動にかられる。

そうかあいつらも同じ失敗してたのかてっきり口裂き女の遠戚かと思ってた。

長いのは切って短くすればいいけど、短いのはもうダメだ修正が利かない。

短いと絶望しかない心療内科が必要だ。

近所のホームセンターに新たなチェーンを買いにいくとアマゾンの倍の値段で買わされた。アマゾンで複数買っておけば良かったアホだった。

今度はちゃんと出来た。これで次から楽勝でチェーン交換できる。

もっとも、チェーンを交換するなんて、この先あるとは思えないけど。

以上、チェーンをチェーンジする話でした(2点

 

 んー我ながら惰性で駄文だ大賞をとれないのもさもありなん

そして明日がやってくる

某月某日

久々の休みでウキウキして朝を迎えた。

暫くしてコレといってしたい事がない事実に愕然とする。

久々にゲームという選択肢もあるにはあるけど、ほんの数時間の為に課金するのもバカらしいしゲームする気分じゃないもっと時間を大事に使いたい。

と言いつつ使い道がない定年したらボケそうだ定年する前に往生しないと。

妥協案として嫁にからみに自転車がパンクしてるから直せと言われる。

夫婦関係もパンク寸前だけどなと自分でも意味もオチもない空気だけの発言するも体調悪いしんどいと噛み合わないというか自分の話ばかりするパターンに嵌められそうになったので、まだ建設的な自転車修理をする事にする。

ママチャリの後輪という一番面倒な、今風に言うとDQNな部位(使い方合ってるだろうか)

なのでタイヤ隙間からチューブを引きずり出しての修理を試みる。

そういや子供の頃に父親がよくこうして修理してたっけ。

という感傷に耽って穴を探してると穴じゃなく釘が斜めに入ってチューブが裂けてた穴と釘の症状でチューブがレリゴーしてた。

これは自転車屋によってはボったくられる症状だったチューブ交換するだけで4000円以上請求してくるとこある危ない危ないホームセンターなら最安値で1000円。

パンクしにくい上に虫ゴムがいらないという画期的なチューブがあったのでそれを買って、さっそく後輪を解体した。

5分で解体できた流石に慣れてる。

チューブ交換して組み立てるのに1時間かかった。

どういう構造だったか全く記憶にない既にボケが進行してるのかもしれない。

てかママチャリの後輪はごちゃごちゃしてる上に無駄に3段変則だった次に買う時はチェンジ無しのを買おうと決めた。

これで午前中が潰れてしまう。

どうも自転車修理の腕が錆びついてたみたい。

ではなく、腕じゃなく手が自転車の錆で真っ黒なので手を洗ってると水が顔に当たって気持ちいい何このサプライズシャワー。

嫁に聞くと前から水道が壊れてて水漏れしてるから修理しろと言われる。

夫婦関係も壊れかけて水漏れしてるけどなと自分でも意味もオチもない空気だけの発言するも体調悪いしんどいと噛み合わないというか自分の話ばかりするパターンに嵌められそうになったので、まだ建設的な蛇口の修理をする事にする。

パッキンを変えても水漏れが止まらなく、これは手に負えないと諦めて蛇口を元に戻した。

繋いでるナットがすごくゆるいのでキュっとしめたら直った。

解体せんでも良かったナット締めるだけで良かったのか算数でいいのに無駄に方程式を弄してしまった策士策に溺れるとはこの事か(水道だけに

 

まあでも修理は出来たし今夜は嫁が御馳走をふるまってくれるかと思いきやしんどいから晩飯作りたくないという。

夫婦関係でも赤ん坊とか作りたくないけどなと自分でも意味もオチもない空気だけの発言するも体調悪いしんどいと噛み合わないというか自分の話ばかりするパターンに嵌められそうになったので、まだ建設的な料理をする事にする。

面倒なので鍋にしようかと思ってけど冷蔵庫におわす主役が豚でも牛でもなく鶏しかなかったので唐揚げにしてみた。

f:id:ddictionary:20180426125241j:plain

 

盛り付けのキャベツをトンカツ店のような千切りができるというキャベツスライサーで切るわけだけど、あまりの切れ味にお約束のように指を切った(針千本は飲んでない

 

そして一日が終わる

 

ヲワリ

三月を生き残り四月を無事迎える

 

突然なんだけどワイモバイルを解約した!

嬉しい!

思い起こせば二年前に親に便乗して契約してもらった。

4台契約するとソフトバンク光のネットが5000円引きという疑似餌に食いついて騙されて二年間縛られて鬱々としてきた。

そして3月にようやく更新月を迎えて解約した!

これが喜ばずに入られようか。否、無理だ(倒置法

二年の間にmvnoについて勉強してきた。

どこの通信会社がいいのかどんな特徴があるのか研究して今ではsim博士6段の資格を最年少で得るほどに昇りつめた。

結果マイネオがいいとして楽天スーパーセールのクリック戦争に参戦しスマホを4台の戦果を得て、嫁、両親、娘をマイネオに無事送り込んだ。

親のネットもソフトバンク光からeo光に乗り換えてかなり安くなった良かった親孝行できた。

自分だけは楽天スーパーセール改の縛りに捕まり1年間は楽天モバイルでいく事になったけど。

1年たてばパパもマイネオに行くから!

で、予想はしてたけど奈良の僻地だと楽天モバイルの通信が遅いマイネオより安定しない。

まあいいけど。ゲームしないし急がないし。楽天ポイントで毎月の利用料払えるし。

楽天ノルディック複合ポイントで高ポイントを叩きだすぐらい精通してるのでほぼ無料で使えるし、1年縛りを終えても楽天継続するかもしれない。

などとどうでもいいスマホ話は置いといておこう。

閑話休載というか通話休載。

 

生存率90%の三月を乗り切った

まあ90%だからヌルゲーではあるけど。

とはいえ10%は過労死する恐ろしい月でもあった。

我々はこれを三日月と呼び、次の日に目が覚めるのか恐怖しながら眠りについていた。

ほぼ働き詰めで、丸々一日家にいれるのが一日しかなかった。

その貴重な一日も家族サービスだったりして。

上のスマホ話に引っ張られるなら、「家族割! 実質無休!」というところか。

よかった四月を迎えれて涙と鼻水とくしゃみが止まらないぜワイルドだろ~(スギちゃん花粉)

なぜに日本はこうもスギを植えるのか。

目薬を買いにスギ薬局に行く人の気が知れない。

ウエルシアに行きますよ。

 

スーパーでのバイト話

更新が滞っていたのでいろいろあったけど、私は元気です。

テキパキさんが去り、大学生っぽいフリーターが加入し、店長も替わり人間関係も様変わりしてほぼ掌握した。

ある時に一番味方してくれるくノ一さんが「正」の字を並べて数を書いてる時に間違った箇所に書いてしまった。

それを皆に指摘されて困窮していたので、これは助けないと!と思い、「正」じゃなく「誤」と書き直せば面白いんじゃないですかと発言するも、文字は書くと聞くじゃ大違いで、パートのオバサン達に「???何言ってんだコイツ」的な視線を一斉掃射されて死にかけた。

今では一番の理解者であるメガネさんだけが理解してくれて「かかwそれは傑作やなw」とパートのオバサン達に解説してくれた。

スルーでいいのに。

そこはスルーでいいのに。

解説したところで「なるほど」と言われたところで、もう笑えないんだ。

その瞬間だけしか笑えない。

その後、それがどうしたなどと問い詰められ無事死亡する。

ただ、タゲがくノ一さんから移ったので盾役の仕事だけは出来たと思う。

またある日、新たに別部署に新人としてきたチョコマカさんに年を聞かれ答えるともっと若いと思ってたなどと、一見して褒めてるような事を言われる。

子供も4人いるしと追加すると、「えー!結婚してないと思ってた」などと大人の貫禄がないので若く見えただけという悲しい感想を浴びせられ、無事死亡する。

そして大学生が先日突然来なくなり残一機も消滅しかかってる。

陰キャだったからいつ辞めても病めてもおかしくないとは思ってたけど。

陰キャの相手は得意なので一番の理解者として我が手駒として育ててただけに残念。

 

本業

何人かが被弾して墜落したりして蟄居中だったり沙汰待ちだったりして三月を乗り越えらなかったけど、平常運転を安全運転できてる。

本業はあまり書きたくないのでこれぐらい。

 

ラジオの改変期

TVよりラジオが好き。

セロリよりも好き。

唐揚げにはさすがに負けるけれど。

好きなラジオ番組のよなよな月曜日の森脇健二が降板する事になった残念。

夜の会社出勤で聞いてて、別段面白いわけじゃないんだけど、一生懸命な感じが好きで同じように頑張らないとと思ってたのに。

一生懸命だけじゃ今の時代は生き残れないみたい。

まあいいけど、よなよなは水曜日のよな水が一番好きだから。

ネットゲーム

ぜんぜん出来てない。

自由時間はサイト更新に充ててるのでなかなか出来ない。

幸いにしてフレが少なく絆に縛られてないのでinする理由があまりない。

まだ暫く放置しとこう。

 

ブログ等

たまに更新。

メインサイトはともかく、こちらやツイッタは書きたくなったらとりとめもなく書いてく感じで生存確認するだけなのでスルー推奨。

なんだか尻切れトンボな記事になってきたけど書き始めのモチベの切れてきたので終わります無理に続けてもつまんないだけだし