むかつく事ばっかしの社会に負けずにもっと上を目指す向上委員会

リラックスするさせる方法とリラックスし過ぎた結果論

今週のお題「リラックス」

 

記事書こうとしたタイミングの今週のお題が「リラックス」なので、それに寄せて書いてみる

リラックスの方法というか、それに準じた10月の羅刹のような出来事を羅列していきまs

 

 

カラオケに行ってきた

普通ならそれでストレス発散リラックス効果覿面(てきめん)なのだろうけど、当ブログ管理人は常人と違う音階のハーモニーを奏でるので一般的に音痴とされていて、人前で歌うのは1/10スケールの清水の舞台から飛び降りるより勇気のいる作業。

なので、そろそろ始まる忘年会という社畜作業は苦手。

飲み会からのカラオケという流れというか急流に飲み込まれてしまわぬよう、そろそろフェードアウト術をいくつか用意しとかないと。

とはいえ今回は家族で行ったのでそれほどでもなく、そもそも歌う気もなく、家族サービスの一環としてのつもり。

しかし嫁が諸事情で不参加となり、子供四人を引率して行くわけで、俄かに精神的ハードルが上がる(クリアできる範疇だけど)

てかまともにカラオケに行くなんて数十年ぶり。

システムも料金も分からないまま行くと、料金無料とか謳ってる(カラオケだけに

マジか!

いやおかしい何か裏があるに違いない!

店員に詳細を訪ねるとフリータイムなどと言う。

意味が分からない。

畳みかけてきくとフリータイムの間はドリンクなどの料金だけでいいという。

なんと!

お前の歌は鼓膜破壊と言われ続けてたので長らく遠のいていたが、そんなに価格破壊が進んでいたのか!

ならば良し。

入店だ。

店員「会員の入会金1000円です」

俺「?!」

いやもう来ないし会員になんてなりたくない。

店員「アプリ会員になって登録して頂くと、無料ですがどうしますか」

そんなの死ぬのと生きるのどっちがいいのかの選択じゃないか(野口さんが

アプリしかない。

さっそく、アプリをDLする。

あれなんだこの店、wifi飛んでないのかよ俺のスマホの契約は一月3ギガなんだぞアプリDLとかしたくない!

店員「では1000円でカードを発行しましょうか」

DLするよ!

貴重なデータ量を消費してDLした。

店員に見せたら、色々と登録していかないとダメだと言われ、ある程度私が打ち込みましょうとスマホを奪われる。

名前はと問われたので「越中仁左衛門(仮名)でござると答える。

すると店員はテンキー仕様にしてるスマホを連打し始める。

 

俺のスマホ「ああああああああああああ!」

 

何やってんのー!

俺のスマホ藤原竜也にしてんじゃねーよ!

それぐらいの声量で歌えって事かー!

フリック入力にしてるに決まってるだろオジサンだってフリックだよ携帯方式の入力するとか昭和か!まもなく平成も幕を閉じようとしてるのに昭和な指使いしてんじゃねー!

 

店員からスマホを奪取して自分で打ち込む事にする。

ところが生年月日でつまずく。

2018年10月から自分の生年月日まで、いくのにアコーディオン式じゃなく、1月過去にいくのにワンクリック式だった。

つまり1年で12クリック。

10年で120クリック

おいおい。

おいおいおいおいおい!

何このクソアプリ。

十代の若者なら200クリックで到達するかもしれないけどオジサンなんだよ何クリックさせる気だ!

払えばいいのか1000円払ってカード発行させようという罠アプリなのか。

思わず払いそうになるが、どこからか下手くそなZARDの歌が聞こえる。

あんま防音できてないなこの店

OK、負けない。

最後までクリック完走してやる。

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain

 

なんとかアプリ登録終えて入室した。

もうパパの仕事は終わったので、子供達が勝手に歌えばいい。

だがしかし誰も歌わない。

先に動いたら奴が死ぬ空気に満たされてる。

そういや長男以外はカラオケの経験はほぼない。

無駄に時間が過ぎていく。

フリータイムだからいいけど、なんだかフリーズタイムになってる。

仕方あるまい。

父さんが一番槍を務めるしかない。

子供にもわかるようアニメの歌にする。

今はなんかタブレットで歌検索して、そのまま予約できるのに軽く驚く。

 

長男「採点機能ONにしとくわw」

 

次男「えーいややわ!」

 

俺「機械の採点なんかいい加減なもんや。だいたい声出してれば最低でも70点はいく」

 

長女次女「そんなん採点の意味ないやん」

 

70どころか、叫んでれば80は堅い。

ブルーハーツ系だとだいたい高得点だった。

子供には悪いが大声シャウトで高得点出して、ハードルを上げてやろう。

父としての威厳的なものが試されてるし。

アニメの歌なので、とりあえずシャウトしといた。

これで80点は余裕。

 

採点マシーン「59点やぞ」

 

俺「」

 

長男「70点以下を初めて見たw60点台じゃなく50点台www」

 

俺「なんでだ。。。声出てただろ。。」

 

次男「音程が違いすぎるしそんなもんやろ」

 

ひでぇ

それが傷ついてる実の父に吐くセリフか。

そこは機械がおかしいとするのが社会のルールだろ。

これだから学生は嫌いだ。

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain

59以下はあるまいと、リラックスして、そこからガンガン歌いだすチルドレン達。

確かに悪くても72~3点。

もう僕は歌わないよリリン。

 

ニコチンリラックス

f:id:ddictionary:20181103072436j:plain

 

会社でアイコスもどきを吸ってる人がいた。

何そのバッタ物アイコス?

「バッタ物じゃない! アイコスの互換機だ!」

ふむ。つまりバッタ物だな

よくよく話を聞くと3000円ぐらいで買えるらしい。

ほほぉ! それはいい!

アイコス・グロー・プルームテックの中ではアイコスが断然いい。

しかしすぐに壊れる。お前は俺かというぐらいに。

手入れも面倒だし、お前は俺かというぐらいに。

しかも高い。

なので長らくアイコスとは無縁の、他の無煙のガジェットを愛飲してたが、3000円なら話が変わってくる。

楽天で探してたら、けっこう出てた。

 

 


 

 

これにした。

正規品と違って連続で吸えるし、いちいちBOXに収納しなくてもいい。

届いたのでさっそくアイコスのタバコ部分をコンビニに買いにいった。

コンビニ「一箱500円です」

高!

いつのまにワンコインになってたんだ!

キャメルならまだ400円なのに!

そして吸ってみた。

良い。

とても良い。

流石はアイコス、紙タバコを余裕で止めれる力強さ。

紙タバコじゃなく神タバコ。

などと思ってたら、すぐに終了した。

あれ。

三分も吸ってない。三分じゃ満足できない。

咥えて三分ももたないなんてお前は俺k(自己規制

正規品なら5分はあった気がする。

まあいい、何かしながら惰性で、口が寂しい時にはプルームテックにして、真剣にニコチンが欲しい時はアイコスと使い分けよう。

 

会社でこれみよがしに吸ってたら、

「ん、アイコスですか? なんか違いますねバッタ物ですか?」

などと失礼な物言いする奴がいた。

バッタ物じゃねー! これは互換機だ! むしろ上位互換だからね!

バッタ物とか価値が下がる言い方するな! お前は三日前の俺か!

こうしてアイコスの布教を無償で行ってますアイコスさん15日発売の正規品を下さい5分間、戦えるのがいいです。

 

地震にまた遭遇した

11月2日

隠密でバイトしてるスーパーにて、賞味期限チェックしながら綺麗に並べなおしていた。

商品買うのやめるのはいいけど、ちゃんと元の場所に戻さない鬼畜が多くて困る適当な場所に置いて帰るんじゃない!

Aという商品補充する時に、AスペースにBという商品を置かれると混乱する。

棚にあるA商品を見て、ここがAスペースだなと探し当てて補充してるのに、B商品が最前列にあると、Aスペースなのに、「ここはBスペースです」と脳内で知覚してしまう。

結果、Aスペースが見つからず時間ばかり食う。

そゆのも駆逐しながら整理して賞味期限チェックしてたら棚が揺れた。

瞬時に棚から離れて、棚に押しつぶされて死ぬ未来を回避。

俺の消費期限はまだ残ってる死ねない。

が、震度3クラスの揺れで収まった。

OK

余震も無くこれならば問題無し。

作業続行だ。

んが

せっかく綺麗にしたのにあっちむいてほいになってる!

死んだ。

さっきまでの俺の労力が全滅してた。

追い打ちをかけるようにサービスカウンターのおばさんが甘酒の賞味期限が切れてるとちゃんと見ろとクレームつけてきた。

甘酒だけにチェックが甘かったという照れ隠しを敢然とスルーされしっかり見ろと追加文句で返される。

なんつースルースキルの高さだムカつくお前の賞味期限もチェックしてやろうかチェックするまでもなく切れてるけど!

話題をそらすべく地震ありましたよねと話題転換を図るも、気づかなかったと言われる。

気づけよ!

お前のその無駄についてる腹の肉が波打ってたはずだ!

地震に気づかないなんてどんだけリラックスしてんだよ危機感無さすぎる!

その腹もリラックスし過ぎだ緊張感ある肉体になろうというリラックスな話でした。

 

ヲワリ