むかつく事ばっかしの社会に負けずにもっと上を目指す向上委員会

別れがあれば出会いがあるとは限らない

時代は令和となりましたが当記事は2019年3月と4月のまとめになります。

つまり平成と呼ばれていた旧時代の昔話です。

また、春という事で別れの季節であり、出会いの季節でもあるのだけど、今年は別ればかりで、何人もの諭吉さんが去っていきました。

あんなに苦労して口説き落としたのに!

銀行という僕たちのスイートホームでずっと一緒にいようと誓ったのに”!

何も言わずに、顔の角度によっては少し薄ら笑いを浮かべながら去っていきました。

薄情の奴め紙ぐらいの情も持ってねー。

 また取り戻すけども春はなにかと物入りで鬱になる奴が増えるというのも頷ける。

生まれた家が親の設定したゴールまでレールの用意できるセレブならともかく足軽出身は頷いて躓いて転んで怪我して立ち上がって前に進みながら自然に怪我が癒えるに任せながらまた転んでを繰り返しながら自分の定めたゴールまで這いながらでも進むしかない。止まったら次にまた足を進めるのに凄まじいエネルギーがいるから。

日本橋フェスに行ってみた

高校生の娘がいる。

ガチボッチ。

snsなどのネット上や、現実でもファッションとして「ボッチ」「陰キャ」というワードで構ってちゃん装備を纏ってる人が多くいる中で、ファッションじゃなくガチで本物のボッチ。

それはとても辛い事。

花の高校生、いわゆるJKなのに友達が一人もいない。

教室で話し相手がいない。

それだけでもキツいのに、教室の他の生徒達は友達がいて楽しく話す相手がいていくつかあるグループに所属してる中、ボッチ。

一人ぼっちじゃなく集団の中に身を置いての孤独。

同じ電車に乗りたくないので、誰よりも早く通学し、教室の鍵を職員室に取りにいき、やる事もないので勉強し、休み時間もやる事がないので勉強し、目指している大学に十分に足る学力を身につけたので、まあプラスマイナスでいけば、少なくとも人生の街道から外れてないのでプラスかもしれないけど、辛い三年間なのは間違いない。

行きたい大学があるから歯を食いしばって耐えてるけど、耐えられないイベントもあるわけで、修学旅行がそれだった。

しかも海外で、逃げ場がない途中ではぐれたと称してフェードアウトしつつ電車に乗って帰宅という手段が使えない。

「病気になって休む」と水風呂に入り始めたので、親の経済的理由にしていいからと担任に電話してやると、「もう遅い現地で使えるよう台湾ドルを買ってしまった」と言われた。

旅行代は半分程度しか戻らない上に、現地で使う予定だった台湾ドルは自力で円に両替しろというものだった。

台湾ドルというのは、なかなかに厄介者で大阪という都会で両替してもらうしか手段がない。

ついでに長年財布の中にあった邪魔なコインも換金してもらう。

いつからあるのか、何かの記念で発行された500円玉の価値がある記念コイン。

それがずっと財布に入ってるのだけど、使う事も出来ずに結構邪魔だったので、換金したいと5年間ぐらい思ってた。

ようやく機会が訪れた。

これを一番の目的として両替屋に行ったが、台湾ドルはいいけど、記念コインは換金できないという。

なんでだ。

長年も財布で温めてるという年代物だぞ価値はもの凄く高いはずなのに。

また何年も財布を占領されるのか捨てるのも忍びないから無料でいいから引き取ってほしいのに。

前置きが長くなったけど、そんなこんなで大阪に両替に行くわけだけど、その日は日本橋ストリートフェスをいうクールジャパンが熱くて熱くて変な熱膨張して歪な形になるという狂喜乱舞ではなく狂気乱舞な、日だった。

そうとはつゆ知らず高校生という繊細な精神の持ち主二人と、小学生という年齢制限に引っかかる子とゲーム嫌いな嫁を連れて乱入してしまった。

その日は難波駅に着いた時から、何かしら危険を伝えるシグナルを管理人のシックスセンスが頻繁にキャッチしていた。

なにかおかしい・・・空気が違う。

てっきり警察が点数稼ぎでそこら中で反則切符を切る大会という安全週間という狩りでも行われてるのかと。

ハンター試験がこの地で行われてるかと。

そう勘違いして、一般人モードにチェンジしていい人な雰囲気を纏って移動するも、やっぱり何か違う変なかっこうしてるのが混じってる。

 

見ると、大道芸人の真似事なのか、「このベルを押すと凄い事が起こります」とプラカードを置いたマスクマンがいた。

マスクマンは変なポーズをとったまま、固まっていた。

誰かがベルを鳴らすと動くつもりなんだろう。

様子を伺ってると、アジア系旅行者連中がマスクマンに絡み始めた。

いや、ベルを押さないと動かないし喋らない設定なのにやめたげて!

そいつは観光名所じゃないんだよ単なるマスクマンなんだよYouTuberの可能性も否定出来ない晒されるぞお前ら晒されるぞ!

と、アジア系旅行者がベルを鳴らしてしまった。

もの凄い挑発的な鳴らし方。暴力的といってもいい。

マナーの悪い代表旅行者のような振る舞いを見た気がする。

それはもう、けたたましく連打してしまった。

せっかくマスクマンが頑張ってスルーしてたのに!

鳴らしたらマスクマンも相手せざるを得ないじゃん!

ベルじゃなくマスクマンの心の中でアイヤーって非常鈴が鳴り響いてるよ!

見守ってると、何かしら手品をする様子。

何事もなかったかのように、アジア系旅行者をスルーして見世物を始めた。

「どなたか手伝ってくれませんか」

などと、マスクマンが助けを求めると、調子乗りが数人名乗り出た。

「じゃあ、そこの誠実で優しそうなおにーさんお願いします」

もの凄く管理人に該当するのだけど、手を上げてないので関係ない大道芸人と話す気は無い目立ちたくないし、その他大勢でいたいんだ.

だがしかし、周囲を見渡しても該当者らしき誠実で優しそうなおにーさんがいない。

軽薄でチャラそうなおにーさんしかいない。

おいおいおい。

いや、助ける気ないからね己の身は自分自身で助ける時代ですよそれが令和という時代ですよ。

じっと管理人を見つめるマスクマン。

お断り。

目立ちたくない。

忍の者だからね影の世界の住人だから表舞台に立つ資格ないんだアナザーワールドでしか息できない生きれない。

じっと見てくるマスクマン。

心に鉄のマスクを被る当サイト管理人。

二人のマスクマンが出会ってしまった。もしかして春ですか?

うーん、こっち見るなというアスキーアートが欲しい。

ああもうしょうがないな!

少しだけだからな30秒だけだからな!

管理人の手をとって、じっと見つめるマスクマン。

「なるほど、アナタはとても誠実で頑張り屋さんで人を裏切れないタイプの人ですね」

おお!

すげええええ!

単に普通に働きたくないから大道芸みたいなのしてるクソ人間だと思ってたけど、物凄い能力の持ち主だった。

管理人の事を凄く見抜いている。

そう前置きしてパフォーマンスを始めた。

「気を送ってます。だいぶ手が温かくなってきたでしょう」

・・・

・・・・・・

 いや

いやいやいや

何も感じない上に心が冷えてきた。

てか観衆は人の手を見ないでほしい。

他人に手の内を明かしたくないのボク。

つーか注目されたくないから!

え? 何コレ嘘つけばいいのか温かくなってきたと観衆を騙せばいいのか。

そうかそういう事かリリン。

人を裏切れないタイプの協力者を選別して共犯関係を強いる。

なるほど。

なるほどなるほど。

どうりで当ブログ管理人が選ばれるわけだ調子にのって「ぜんぜん温かくなってない!」とか言わないのを見抜いてる。

いくらだ俺の取り分はいくらなんだ。

「あ、温かくなってる・・・気がする」

「でしょー!!!!温かいですよね!!」

というかこの会話が寒い。

もういいだろ解放してくれ心が凍死しそうだ。

それでなくても心は死にかけてるのに。

ある意味、心停止してる。

そんな事はおかまいなしにトランプを使ったマジックをするというマスクマン。

てかお前、マスクマンじゃなくトランプマンだったのか。

頼むから関税とかで日本の物価を上げるのはやめてくれ。

そんな市場が冷え込むマジックはいらない。

「ではおにーさんにカードを一枚引いてもらいます!」

まだ解放してくれないのか。

引いた瞬間に爆発するとかいうのナシだぞ。

もし爆発してもナイスリアクションとかとれないからね。

無言で警察にいくだけだから。

誰も得しないぞ俺もお前もダメージはまのがれないけどいいんだな!

「じゃあ一番上を」

「一番上はダメです!」

なんだよ。

なに今日一番のいい声で張ってんだよ。

事前に言っとけよ観衆の面前で怒られるとかパワハラもんだぞ。

すげー恥ずかしいよ手のひらじゃなく顔が熱くなってきt

仕方なく二枚目を貰う。

それをトランプマンが後ろ向いてる間に観衆に見せろという。

面倒くせぇな。

てかもう帰りたい。

引いたトランプを当てるという大道芸をしてる最中に、警官がやってきて通行の邪魔になるから大道芸するなと取り締まりを始めた。

ポリスマンに急かされて急いで芸を終わらせ、袋にお金入れてというトランプマン

もちろん、ほぼノーマネー。

時代はキャッシュレスです現金を持ち合わせている観衆はほぼいませんという事実を目の当たりにした気分。

仕方ないな。

優しいおにーさんが恵んでやるよ。

トランプマンの差し出す袋に、そっと記念コインを入れてあげた。

よし!

これで長年長財布を圧迫していて障害物とオサラバできた!

ありがとうトランプマン

それ俺だと思って大事にしてね!

 

トランプマンと別れ、下の娘の希望であるアニメイトに向かうも、異国の服装をした連中ばかりが闊歩するゾーンに入ってしまう。

漫画のキャラクターから、よく分からないキャラクターまで百花繚乱で、コスプレの完成度もピンキリな具合。

触れたら硬そうな鎧から触れたら破れそうな紙の服っぽいのまでいるが、総じて露出が高い。

ん、悪くはない眺め。

なかなか分かるキャラクターがいないのは残念だけど、たまにはいる。

エヴァンゲリオンミサトさんがいた。

が、よく見るとオバサンだったビザドさんだった何故だかイラッとくる不思議(笑)

それはまだいい。

少なくとも性別は合ってる。

が、中には完全にオッサンなのに女性キャラクターの、しかも露出高めのコスプレイヤーもいた。

遠目からみてもオッサン。

オッサンが女キャラの格好をするとか強心臓過ぎる。

遠目から見てても吐き気がする。

なのに。

何故だか露出が高い胸元に目がいく。

おかしい!

見たところで得するどころか損しかしないのに!

頭では分かってるのに、なんでだ!

これはもう原始より組み込まれたプログラムが自動的に走ってるとしか思えない!

見たくないのに!

全然見たくないのにゼンゼンゼンジロウなのに!

いわば、カッケの診断で膝にトンカチされて無意識に脚が上がるのと同じ症状。

これは今回に限ったことじゃなく、女性に対しても見たいなんて思ってないのに下心もないのに目が勝手にいってしまう。

仕方ないプログラムが走ってるだけで、別に興味ないから。

どこ見てんのよとか言われたくない別に興味ないからね胸なんてラクダのコブ程度の認識しかしてないし。

ただの脂肪の塊だし興味ないからね。

てか管理人は包丁で刺されそうになった時から先端恐怖症だから防衛の為に見てしまうだけだから安全点検してるだけだから。

ある意味武器だし。

安全の為に目がいくのは仕方ない。

やらしい要素は0です。 

ここは「それで」の出番k

f:id:ddictionary:20180812142957j:plain

 

あらゆる所で撮影会が行われており、非常に危険。

どのルートを通っても上級コスプレイヤーが何十人ものカメラマンに囲まれてパシャパシャしてる。

「父さん、なんで手で顔押さえてるん?」

「写真に写りたくないから。お前らもこうした方がいい」

「いやw誰も父さん撮ってないからww」

「背景として写るだろ! そてはとても危険な事なんだぞ!」

嫌だネットでたまたま上げられたコスプレ会場の画像の背景でいたくない背景の方が話題をかっさらうというのはよくある話だし忍びの者だし影の世界の住人だし写真撮られたら魂が擦り減るし嫌だ嫌すぎる!

それでなくても社会の荒波に揉まれて平成の時代に適合できずにかなり減らしてるのに無くなってしまう魂が無くなってしまう。

魂を無くした人間は心療内科のお世話が必要になるまだだもう少し、もう少しだけ持ってくれゴールが射程範囲なんだそこまではもってくれ!

んでアニメイトに数十年ぶりに入店。

ぜんぜん違う。

当時はジブリのアニメなどが主役で普通の学生が買いにきてたのに。

よく分からない最先端のアニメが小分けされてぎっしりで、普通の学生じゃなくおかしな格好してる奴ばっかしだ。

もしかして何かしらドレスコード的なものがあるのk

普通にカジュアルな服装の一般人は入店お断りなのだろうか。

前からナルトらしき人と暁な人が美少女アニメ(忘れた)を物色していた。

凄い弱そう・・・。

ナルトはともかく暁はそんな美少女アニメとか物色したらダメだろ!

服だけじゃなく心もコスプレしてこいや三流丸出しじゃねーか誰にも写真撮られないだろーけど、そのシーンだけは別の意味で撮ってやろうかと思った。

撮らないけどね。

写真撮るの有料だから。

その日は写真撮るの有料と書いてた。

そんなこんなで疲れ果てて、一風堂というラーメン屋さんで食べた。

ガチボッチ娘がラーメンに凝ってておいしいラーメン店に興味津々だったから。

もう少し人間に興味もったほうがいい麺とスープに相性があるように、人にも相性があって、がっちり嵌る人間がいるはずだから。

人と交わらないと本当に幸せな気分になれない。

誰かを助けたり幸せにしたりする事でしか本当に幸せな気分になれないから。

それはもう本能のようなもの。

 だからオレオレ詐欺がなくならない。

人間の弱点を突くものはなくならない。

食欲に対して飲食店がなくならないように、風俗がなくならないように。

かの無敵を誇ったアキレスだってふくらはぎという弱点があるように、完全無欠な人間なんていない。

一般人なら弱点だらけだ。

とても弱い。

お互いの弱点を補い合う相手が必要だ。もしくは弱点を共有できる人。

また話が逸れたけど、子供には幸せになってほしいという話でした!

その為に脛を削って食わせてるアキレスの弱点はふくらはぎだけど当サイト管理人は脛です。とても傷だらけ。

そして4月 

 職場でポジションが変わる。

スーパーバイトじゃなく本業の方。

変わるというか希望が数年越しに叶った。

これで前日前夜から職場に入って泊まったりしなくていい。

ほぼ、しなくていい。たまにはあるけどたまにならいい。

独立にむけて着々と態勢が整っていく。

あと少し、あと少しだけもってくれ心身ともにもってくれ!

ポジションが変われば人間関係も変わり、リセットできる。

いいのか悪いのか、もうなるべく深い関係は構築しないようにしよう。

どのみち、辞めて独立するし道を違えるし、もういいか。

傑物が、凄く気が合う人などいたら別だけど。

もう無理に仲良くする必要はないので気楽。

この子にして、この親有りでボッチ、孤独はお手の物。

てか俺の血が娘に苦労させてたのかすまないすまない悪かった悪かった。

そんなこんなで令和元年です何も変わらず生き地獄という現実は通常営業だけど精神的にはリフレッシュするきっかけにはなったはずなのでGW明けの死の通勤時間をくぐりぬけてもしくはサボってでもいいから来月にまた、あいましょう。

GW明けごときで死にたくなるよな会社なら辞めればいい。

などと、GWが無い人が無責任に言ってみる。

あるだけマシ。

不幸には敏感だけど恵まれてる事は当たり前としてなかなか気が付かないもの です人間だものたまには心だけコスプレしてリフレッシュしましようだってばよ!

 

PS、淡路島の新テーマパークにいってみたい今日この頃